漢方薬での対策

乳がん・がん対策として、東洋医学の観点から漢方薬という切り口も...詳細を見る

※最新の記事 | 詳細を見る

患者の会

 乳がんの「患者の会」は乳がんの患者さんや乳がん体験者、またその家族や医療関係者などの集まりです。体験者らと慰め励まし合うことにより、これからの人生を前向きに生きる励みになります。

22:39 | 詳細を見る

告知を受ける際の心の準備

 告知を受ける時は、なかなか平常心でいられるものではありません。しかし、病気と治療方針を十分に理解できるように医師の話はじっくり聞くようにしましょう。また、分からないことや疑問に思ったことは遠慮なく質問しましょう。事前に質問事項をメモしておくとよいでしょう。

22:22 | 詳細を見る

痛みの緩和

 痛みの緩和には主に「鎮痛剤」を使います。鎮痛剤で痛みを軽減できない場合は「放射線療法」や麻酔をかけて痛みを軽減する「神経ブロック」を行うこともあります。しかし放射線療法の場合、効果が現れるまでに数日かかります。

21:57 | 詳細を見る

仕事復帰

 退院後、多くの女性が仕事復帰しています。中には化学療法や放射線療法を続けながら復帰している人もいますが、体力的に無理がある場合は、完全に回復するまで仕事の復帰は待ちましょう。
 仕事復帰後、もし癌になったことで不当な差別を受けることがあれば、必要に応じて役所の法律相談窓口に相談しましょう。
 
 

21:02 | 詳細を見る

ストレスの解消

 ストレスは乳がんの発症のリスクを高めると言われます。実際、乳がんの患者さんは、まじめで責任感が強い人や神経質な人が多いです。
 ストレスを溜めないようにするために、スポーツをするなどをして息抜きをするようにしましょう。

20:47 | 詳細を見る

再発の確率

 手術を受けた後に再発や遠隔転移をすることがあります。実際に乳がんの手術を受けた人のうち約30〜35%の人が再発しています。乳がんは全身疾患であるため、再発の可能性が消えることはありません。かけがえのないない大切な命を守るために、退院後定期検診を欠かさず受け、乳房の自己検診を続けましょう。

20:25 | 詳細を見る

乳房再建の方法

 移植した皮膚に血液が十分に流れるように、筋肉の中の血管を保存したまま皮膚・筋肉・脂肪を一緒に乳房に移動し固定します。妊娠出産の希望などによって体のどの部分を使うかは異なります。乳輪や乳頭は別の組織を用いて作ります。

20:17 | 詳細を見る

経過観察

 早期乳がんの患者さんのほとんどは完治することができます。しかし、退院後経過観察を続けることがとても大切です。定期検診を欠かさず受け、自己検診を続けることにより、再発の兆候により早く気づくことができます。

20:04 | 詳細を見る

患者が治療法を選ぶ時代

 癌と診断されたら、もう一つ大きな病院で診てもらう事が大切です。病院によって治療法も異なり、またどの医師にかかるかで生死が分かれます。
 医療機関、医師選びは慎重に行いましょう。

13:50 | 詳細を見る

肥満を防ぐ

 皮下脂肪の多い女性は、痩せた女性よりもエストロゲンが作られやすいため乳がんの発症率が高くなります。食生活を見直し、肥満を防ぐように心掛けましょう。
 また、乳房の自己検診と定期検診を受けるようにしましょう。

23:22 | 詳細を見る

再発・進行乳がんに対する抗癌剤治療

 進行・再発乳がんに対して初めて抗癌剤治療を行う場合は、高い治療効果が期待できますが、2、3度目になると癌細胞が抵抗を示すようになるため、治療効果が期待できなくなります。よって進行・再発乳がんに対して抗癌剤治療を行う場合は、最初から強力な薬剤を使うのが効果的とされています。

23:09 | 詳細を見る

補正具選び

 補正具を購入する際は、医療施設やメーカーなどに相談して自分に合った補正具を選びましょう。メーカーによっては相談窓口を設けているところもありますし、またインターネットで補正具に関する情報を得ることもできます。

22:44 | 詳細を見る

野菜の摂取

 野菜には癌の予防に効果のある食物繊維、カリウム、抗酸化ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれています。普段の食生活で野菜をたくさん食べるように心掛けましょう。
 サプリメントの摂りすぎは食欲不振や抜け毛などを起こすので気をつけましょう。

22:31 | 詳細を見る

タモキシフェン

 タモキシフェン(抗エストロゲン剤)は、乳がん細胞を抑制する薬剤で乳がん治療に使われます。しかしこの薬剤は、子宮で癌細胞を増殖させる働きをするため子宮体がんの発症率を高めます。
 主な副作用は吐き気、熱感、帯下などです。

22:14 | 詳細を見る

皮下全乳腺切除術

 皮下全乳腺切除手術は腫瘍を含んだ乳腺全てを取り除く手術です。ただし、乳頭・乳輪は残ります。この手術は、腫瘍が大きい場合や、乳房内に癌が広がっていたり、腫瘍がいくつもある場合などに行われます。

15:16 | 詳細を見る

乳がんの主な症状

 乳がんの最も重要な症状は乳房のしこりです。その他、乳房が腫れたり、部分的に赤みを帯びたり、乳房がただれるなどの症状が出ます。気になる症状があったら悩んだり迷ったりせずに早急に検査を受けましょう。

15:03 | 詳細を見る

乳がんの種類と割合

 乳がんは乳管の上皮細胞から発生する乳管癌と腺房から発生する小葉癌の2つに分けることができます。発生の割合は乳管癌が約90%、残りの約10%は小葉癌と特殊型乳がんが占め、乳管癌の割合が圧倒的に高いです。

13:39 | 詳細を見る

リュープリンSR(酢酸リュープロレリン)

 前立腺癌の治療に使われていた「リュープリンSR」が、閉経前乳がんに対しても適応されるようになりました。この薬剤は12週間持続する徐放性製剤です。閉経前の患者さんは4週間に1回から12週間に1回に投与回数が減少するため、精神的負担が軽減され、QOLの向上にもつながります。

13:14 | 詳細を見る

食品・サプリメント

 食品やサプリメントには乳腺に悪影響を与えるものがあります。喫煙、アルコール、ホルモン補充療法などは悪影響を与えますので控えるようにしましょう。大豆イソフラボン、葉酸などは乳腺に良いですが、サプリメントの摂り過ぎは逆効果ですので摂取量に気をつけましょう。

12:57 | 詳細を見る

家族性乳がん

 乳がんの家族歴がある場合は乳がんリスクが高く、特に母親が40歳以前に乳がんにかかった方の発症率が高いです。家族や近親者に乳がん歴がある場合は特に注意が必要です。自己検診や定期検診を積極的に受けるようにしましょう。

12:46 | 詳細を見る

リンパ浮腫

 乳がんの手術をする際に、リンパ節郭清を行った場合、リンパの流れが遮られリンパ浮腫が起こります。リンパ浮腫は手術後早いうちから積極的にリハビリを行うことにより予防できます。退院後も、腕や肩の動きを良くしリンパ浮腫予防に努めましょう。

12:07 | 詳細を見る

乳がんの治療計画

 腫瘍の大きさやエストロゲン受容体の有無、リンパ節転移の有無、年齢、癌の悪性度などを目安にし、さらに患者さんの意思や価値観を考慮しながら治療計画が立てられます。
 一人ひとりに適切な治療計画が立てられ治療が行われます。

11:09 | 詳細を見る

非浸潤乳がん

 癌細胞が乳管や小葉の中に留まっているものを非浸潤乳がんと言います。この非浸潤乳がんは乳腺を切除すれば完治の可能性が高いです。以前は全切除が一般的でしたが、最近は乳房温存手術も行われるようになりました。

10:56 | 詳細を見る

放射線療法による晩期障害

 まれに放射線療法後数ヶ月から数年経って、肺炎や肺線維症、上肢の浮腫、肋骨骨折などの副作用の症状が出る人がいます。ほとんどの場合、大事に至ることなく治ります。

10:32 | 詳細を見る

アロマセラピー

 アロマセラピーは気分が落ち込んだ時や、ホルモンのバランスが崩れた時などに気分をリラックスさせてくれる効果があります。ただし、化学療法中は使用を避けなければなりません。また、エストロゲンの様な作用をもつ精油もあるため気をつける必要があります。

10:15 | 詳細を見る

抗エストロゲン剤

 エストロゲンは乳がん細胞にあるエストロゲンレセプター(エストロゲン受容体)と結合して、乳がん細胞の増殖を促進させます。抗エストロゲン剤はエストロゲンとエストロゲンレセプターとの結合を阻止し、癌細胞の増殖を防ぎます。

10:03 | 詳細を見る

扇状部分切除術

 乳房温存手術の手術法の一つに、「扇状部分切除術」があります。この手術は乳房温存手術の中では切除範囲が最も大きく、4分の1程の切除になります。切除範囲が広いため、癌を取り残す可能性は他の乳房温存手術と比較して少ないですが、乳房の形が変わってしまします。

09:46 | 詳細を見る

乳房再建術後のケア

 再建した乳房は神経が戻っていないため、熱さや痛みなどの感覚がほとんどありません。触れても感覚がないため、傷ついてもすぐには気づかないことがあります。けがや火傷をしないように気を付けましょう。

09:35 | 詳細を見る

局所進行乳がんと放射線療法

 局所進行乳がんで乳房切除手術ができない場合は放射線療法が行われます。一般的にホルモン療法や化学療法が併用されます。手術ができないほど進行した乳がんは、転移の確立も高く完治は難しいです。しかし、放射線療法により症状は改善されます。

21:04 | 詳細を見る

ハーセプチン

 ハーセプチンは癌細胞にHER2タンパク質が多く出ている人や、転移性乳がんに効果が期待できる新薬です。また、副作用も少ないです。
 ハーセプチンは単独で使用する場合と、他の抗癌剤を併用する場合があります。
 

20:46 | 詳細を見る

統合医療を行うに当たっての心得

 統合医療を行うときは、まず統合医療の専門家の説明を聞き、それに基づいて主治医に相談しましょう。しかし、統合医療を行うかどうかを決めるのも、どの統合医療を実行するかを決めるのもすべて患者さん自身です。

20:09 | 詳細を見る

家事によるリハビリ

 家事を行うと腕や肩を動かすため筋力が回復し、リハビリよりも効果が出る場合があります。肩や腕を動かさないと機能が低下するので、リハビリの一環として無理のないペースで家事などを行いましょう。
 特に利き手でない方の腕や肩は機能が低下しやすいので、積極的に動かすようにしましょう。

19:56 | 詳細を見る

乳房再建術の傷あと

 乳房再建術はできるだけ傷あとが残らないように配慮しながら行われますが、完全に傷あとをなくすことはできません。しかし手術後しばらくは傷あとが目立つように思われても、月日の経過と共に目立たなくなります。

19:25 | 詳細を見る

ストレスによる免疫機能の低下

 悩みやストレスの多い人は免疫機能が低下し、癌に対する抵抗力がなくなります。そのため死亡率が高くなります。夫婦関係などの悩みを抱えている場合は何らかの対策を考え、精神的ストレスを軽減することが大切です。

18:09 | 詳細を見る

脳転移の治療法

 癌が脳に転移した場合、確立された治療法はなく、進行度や症状に基づいて、手術や化学療法、放射線療法が行われます。しかし化学療法は効果があまり期待できないため、主に手術治療や放射線療法が行われます。脳以外の臓器への転移がある場合は手術治療ができないため、放射線療法が行われます。

20:39 | 詳細を見る

乳がんの手術法

 以前は乳がんの手術法は乳房の全てを切除するのが基本でした。現在では切除範囲を必要最小限にとどめる手術法が多く実施されています。乳房の切除範囲が小さくなると、患者さんの精神的負担が少なくなり、QOL(生活の質)が高くなります。

20:19 | 詳細を見る

タンパク質の摂取

 良質タンパク質を意識的に摂るようにしましょう。魚のタンパク質には発癌物質を解毒する働きがあります。また卵は体内で作ることのできない必須アミノ酸が多く含まれる良質のタンパク質です。さらに大豆や牛乳にも良質のタンパク質が多く含まれます。

19:17 | 詳細を見る

ハーセプチンの副作用

 癌細胞にHER2タンパク質が多い人や、転移性乳がんに効果的なハーセプチンは、正常な細胞にまでダメージを与える抗癌剤と比較すると副作用は少ないです。
 ハーセプチンの副作用で最も出やすい症状は発熱です。呼吸器障害が出たり、心臓機能が低下したりすることもあります。

18:38 | 詳細を見る

乳房温存療法における放射線療法

 乳房温存療法では、乳房温存手術後に放射線療法を行います。放射線療法は、乳房温存手術を行っても、残った乳房に癌細胞が散在している可能性が高いため、その癌細胞を殺傷し再発を予防する目的で行われます。放射線療法を行った場合と行わなかった場合では再発率が違います。

18:03 | 詳細を見る

退院後の生活

退院後しばらくは手術の後遺症で日常生活に支障がでますが、あせらずにゆっくりと日常生活を取り戻していくようにしましょう。腕や肩は動かさないと機能が低下するので退院後もリハビリが必要です。
毎日の生活でストレスや疲れをため込まないように気をつけて下さい。
 

21:23 | 詳細を見る

遠隔再発(転移)

 乳がんはリンパ節、肺、胸壁、胸膜、骨、脳、肝臓に遠隔再発(転移)しやすいです。初期のうちは自覚症状がなく、定期検診で見つかることが多いです。変わった症状がなくても定期検診はきちんと受けるようにしましょう。

21:00 | 詳細を見る

乳がんの予防は不可能

 乳がんの疾患者数は年々増加しています。食の欧米化が乳がんに対して大きな影響を与えているのではないかと言われています。しかし、乳がんになるはっきりした原因は分かっていないため、乳がんの予防法も分かっていません。よって、誰が乳がんになっても不思議ではないことを心にとめとておく必要があります。
 

21:25 | 詳細を見る

癌の予防に効く食物繊維

 食物繊維は、癌予防に活躍する栄養素です。食物繊維は海藻や野菜、きのこ類、果物などに含まれます。普段の食生活で意識して摂るようにしましょう。
 また、食物繊維は肥満や便秘の解消にもなります。

21:13 | 詳細を見る

局所進行乳がんに対する放射線療法

 局所進行乳がんの場合、可能なら乳房切除術が行われます。さらに乳房切除後、再発防止のために放射線療法を行います。
 また、さらに進行した局所進行乳がんの場合は乳房切除ができないため、局所に対する治療は放射線療法のみのとなります。

20:32 | 詳細を見る

主治医、医療施設選び

 患者さんにとって、良い医師に出会えた場合と、出会えなかった場合では大きな差があり、主治医・医療施設選びはとても重要です。納得のいく医療を受けるために主治医・医療施設選びはきちんと行いましょう。

19:45 | 詳細を見る

自己検診

 定期的に乳房の自己検診を行っていると、乳房の変化に気づきやすく早期発見につながります。20歳以上の女性は月に一度は自己検診を行い、記録を付けるようにしましょう。乳房の正常な状態を知るために、慣れるまで毎日自己検診をしましょう。

15:15 | 詳細を見る

手術前の体操

 手術前に、腕の筋力トレーニングや肩・わきなどの上体の体操を行っておくと、手術後の回復が早くなります。また、体操はリラックス効果もありますので、体だけでなく心のコンディションを整えることにも役立ちます。

14:47 | 詳細を見る

局所再発の症状

 局所再発は乳房温存療法後の場合は乳房内にしこりができ、乳房切除手術後の場合は胸壁の皮膚に小さいしこりができます。
 局所再発は、症状がないことが多いですが、腫瘍が大きくなると、痛みを感じることがあります。また皮膚にできた腫瘍は出血することもあります。

22:27 | 詳細を見る

乳がんの手術法

 乳がんの手術は、しこりを含む乳腺の一部を取り除く「乳房温存手術」と乳房全部を取り除く「乳房切除術」とに分けられます。
 どちらの方法でも、基本的に、腋の下のリンパ節は切除されます。

21:50 | 詳細を見る

退院後のリハビリテーション

 退院後も体の状態をみながら腕の筋力トレーニングや、胸のストレッチ体操などのリハビリを続けましょう。ウォーキングや自転車こぎ、ハーフスクワットなどで全身の持久力もつけましょう。

21:18 | 詳細を見る

お酒とたばこ

 アルコールは適量であれば体によいですが、限度を超えると癌のリスクを高めます。また、たばこも発癌性があり、たばこの場合は本人のみならず、煙を吸った周りの人の癌のリスクをも高めます。
 アルコールの摂取を控え、たばこを吸わないようにし癌予防に努めましょう。

20:58 | 詳細を見る

適度な運動

 体調を見ながら、無理をしない程度に運動をしましょう。運動はリフレッシュ効果もあり、リハビリにもなります。
 運動中は水分を補給しのどが渇かないようにしましょう。屋外でスポーツをする時は、日焼け止め対策も忘れないようにしましょう。
 

20:33 | 詳細を見る

ティッシュ・エクスパンダーを利用する乳房再建術

 皮膚にあまりゆとりがなくて生理食塩水バッグを挿入できない場合は、ティッシュ・エクスパンダーという袋を挿入して皮膚を伸ばします。皮膚が伸びてゆとりができたら、生理食塩水バッグに入れ替えます。 この方法は、他の再建術に比べて、手術時間も短く、術後の痛みも少ないです。

20:07 | 詳細を見る

自動車、自転車の運転

 車を運転する際は、長時間運転は避けましょう。長時間同じ姿勢をとると、リンパ浮腫を起こす可能性があります。自転車に乗る際は、重い荷物は前かごに載せないようにしましょう。また、車を運転する時も、自転車に乗る時も日焼けには十分注意しましょう。

14:25 | 詳細を見る

リンパ浮腫

 わきの下のリンパ節を切除(リンパ節郭清)することでリンパ管が切断され、リンパの流れが悪くなります。リンパ節郭清によってリンパの流れが悪くなり、むくむことをリンパ浮腫と言います。
 リンパ浮腫は起こる人と起こらない人がいて、むくみ方も様々です。マッサージやストレッチなどを行うことにより、リンパの流れがよくなりむくみは軽減されます。

14:05 | 詳細を見る

乳房再建とQOLの改善

 乳がんの手術で乳房を失った患者さんの喪失感や悲しみは、乳房再建により解消されることもあります。
乳房再建は患者さんの希望で行われ、どのような症例でも再建は可能です。
 人によっては、乳房再建により精神面の明るさを取り戻し、生活の質(QOL)が改善されます。

11:22 | 詳細を見る

乳がんの定期検診

 検診では、手に触れることのできないほど小さいしこりを発見することができます。自己検診だけでは乳がんを発見できないこともあるので、定期検診は重要です。
 特に乳がんの発症のリスクが高い人は、自己検診を行うとともに積極的に定期検診を受けるようにしましょう。

10:57 | 詳細を見る

代替医療

 世界の多くの国で、西洋医学を補う医療として代替医療を導入ています。代替医療の種類は、漢方や針治療、、マッサージ、食事療法、音楽療法など数多くあります。
 乳がんの治療にも代替医療は有効です。

10:35 | 詳細を見る

食品の焦げとかびの危険性

 食品の焦げや、かびは発癌性があり有害です。食品を焦がさないように調理を工夫し、またかびの繁殖条件などを知り、かびを繁殖させないように注意する必要があります。
 体内に焦げやかびを入れないように十分気を付けましょう。

10:19 | 詳細を見る

ホルモン療法の適正・不適正

 ホルモン療法を行うにはさまざまな条件があり、患者さんがホルモン療法に適しているか、適していないかを見極める必要があります。
 ホルモン療法は、ホルモン感受性乳がんに効果的です。

10:09 | 詳細を見る

緩和医療による心のケア

 乳がんの患者さんは、身体的苦痛だけでなく、いらだち、不安、孤独などとも闘っています。このような心の苦しみが、体の痛みを強めることもあります。緩和医療はこのような精神的な苦痛を和らげることも目標としています。

11:22 | 詳細を見る

風呂

 手術後、入浴の許可が出たら、注意事項を守って入浴しましょう。入浴はリラックス効果や疲れを癒す効果があります。温泉に入って気持ちをリフレッシュさせるのもよいでしょう。手術の傷跡が気になる場合は、補整具を使用するという方法もあるし、貸しきり風呂などを利用するという方法もあります。

10:50 | 詳細を見る

手術前に行う全身療法

 腫瘍が大きくて乳房温存療法を行うのが困難な場合は、手術前に抗がん剤やホルモン療法による全身療法を行い、癌を小さくしてから手術を行います。また、炎症性乳がんのように切除手術が困難な場合なども、手術の前に全身療法が行われることがあります。

10:18 | 詳細を見る

脂肪の摂り過ぎを防ぐ

 脂肪は体に必要な栄養素でありますが、摂り過ぎは乳がんのリスクを高めます。料理法を工夫し、適量以上の摂取は控えるようにしましょう。
 料理で使う油の適量は、1日大さじ1〜2杯程度です。

09:59 | 詳細を見る

進行、再発(転移)乳がんの治療方針

 進行乳がんや、再発乳がんの治療の目標は治癒させることですが、治癒の可能性は極めて低いのが現状です。したがって、進行・再発乳がんの場合は、進行を遅らせることが治療の中心になります。
 治療は、手術療法、化学療法、ホルモン療法、放射線療法などが行われます。
 

13:54 | 詳細を見る

ホルモン感受性乳がん

 ホルモン療法は、誰にでも効果が期待できるわけではありません。よってホルモン療法に適しているか否かを見定める必要があります。
 ホルモン療法は、ホルモン感受性乳がんに効果を発揮します。

21:10 | 詳細を見る

かつらの利用法

 抗がん剤治療の副作用による脱毛は、患者さんにとってとても憂鬱なことです。帽子やかつらを上手く利用すれば精神的負担を軽減できます。
 かつらにはいくつか種類があります。それぞれの特徴を押さえ、自分に合ったかつらを選びましょう。

20:40 | 詳細を見る

入院中の生活

 入院中の生活は日常生活と環境が異なるため戸惑うことも多いと思います。不安なことや分からないことがあったら主治医や看護士に質問しましょう。
 手術の前は緊張感が大きいですが、できるだけリラックスして過ごすようにしましょう。手術が終わったらリハビリが始まります。

16:26 | 詳細を見る

乳がんの原因

 乳がんになりやすい因子(リスクファクチャー)として次のようなものがあげられます。家族に乳がんになった人がいる、40代以上で出産経験がない、初産年令が30歳以上、肥満している、初潮年齢が早い、閉経年齢が遅い、乳がんや良性乳腺疾患の既往があるなどです。
 乳がんになりやすい因子を持っている人は極めて注意が必要です。

15:42 | 詳細を見る

副作用による食欲低下

 抗がん剤による化学治療には副作用として吐き気が起こることがあります。吐き気や嘔吐により食欲が低下している時は、フルーツなどの水分の多いものを少しずつ何回かに分けて食べるようにしましょう。また吐き気がある時は、熱いものや脂っこいもの、生ものは避けましょう。消化を助けるためによく噛んでゆっくり食べるように心掛けましょう。

14:12 | 詳細を見る

職場復帰

 仕事の再開は担当医に相談して決めます。職場復帰をする際は上司などの理解も必要です。職場復帰にあたって不安や悩みがある場合は職場の産業医や、地域の健康相談窓口へ相談するのもよいでしょう。
 

13:25 | 詳細を見る

日本における統合医療

 統合医療とは西洋医学に漢方薬やマッサージなどを統合し、自然治癒力を高める目的の医療です。欧米においては研究が進められ積極的に導入されていますが、日本では研究が始まったばかりです。西洋医学には限界があり、日本においても統合医療への関心が高まりつつあります。

10:35 | 詳細を見る

病期別治療方針

 乳がんの病期(ステージ)は0〜W期までの5段階に分類され、病期によって治療方針は異なります。手術療法、抗がん剤を用いた化学療法、ホルモン療法、放射線療法が標準的な治療法で、病期の段階に応じて適切な治療が行われます。

08:18 | 詳細を見る

乳がんセミナー

 一般を対象にした乳がんのセミナーやイベントが医療機関や患者の会などによって開かれています。積極的に参加し、知識を深めましょう。
 セミナーやイベントなどの開催情報は新聞やインターネットで得ることができます。

07:53 | 詳細を見る

局所再発

 乳房切除手術を受けた部位に局所再発した場合は、腫瘍を切除しさらに皮膚移植を行います。また、手術後、放射線治療が行われることもあります。
 乳房温存療法を受けた部位に局所再発した場合は、腫瘍を切除するのが基本です。この局所再発の場合は、以前放射線療法を受けているため、放射線照射は行えません。

23:10 | 詳細を見る

緩和医療に必要な家族の協力

 患者さんは身体的な苦痛だけでなく、心も苦しんでいます。患者さんの心の痛みを緩和させるには特に家族の協力が必要です。家族が患者さんの心の苦しみや叫びを受け止め、見守り、慰めることによって患者さんの体の痛み、心の痛みは共に緩和されます。

22:30 | 詳細を見る

補整具

 手術後は、傷の状態や腕の動きに合わせて、補整具をつけます。補整具は外見上のイメージをよくするだけでなく、体のバランスを整えるのにも有効です。補整具は形もサイズも豊富ですので自分に合った物を選びましょう。

13:20 | 詳細を見る

乳房温存療法後の放射線療法

 乳房温存療法後は再発を防ぐために放射線療法を行います。放射線の照射量には決まりがあり、最も効果的に照射を行うために、事前に照射計画が立てられます。
 照射の開始時期は手術が終わって、2〜3週間後、遅くとも6週間以内が目安です。また、照射はほぼ毎日、約5週間に渡って続けられます。

22:21 | 詳細を見る

抗がん剤の副作用

 化学治療で用いる抗がん剤は、癌を死滅させる効果がありますが、同時にさまざまな副作用が出ます。副作用には、吐き気、嘔吐、脱毛、生理不順などがあります。しかし、副作用を抑える薬を併用すれば副作用は軽減できます。また、副作用の多くは抗がん剤の使用をやめると回復します。

22:03 | 詳細を見る

マンモグラフィ検査

 乳腺のX線撮影のことをマンモグラフィと言います。マンモグラフィはしこりになる前の石灰化したものを写し出すことができます。
 乳がん検診と併せてマンモグラフィ検査を受けるようにしましょう。

21:35 | 詳細を見る

統合医療とは

 統合医療とは、手術や抗がん剤、放射線治療などの癌を取り除く療法に、漢方薬や健康食品、アロマセラピーなどの代替医療を融合させたものを言います。代替医療は、心身のバランスを整え、自然治癒力を高めます。
 この統合医療は乳がんのみならず多くの癌の治療効果を高めることができます。

19:56 | 詳細を見る

育児

 退院後、家事や育児は大変になります。無理をしないで家族や友人の助けをかりましょう。また育児の支援サービスを行う自治体もありますので、そのようなサービスもうまく利用しましょう。
 

22:39 | 詳細を見る

自己検診

 乳がんは、自分で見つけることができる唯一の癌です。自分の乳房をチェックする習慣をつけておくと、異変にすばやく気づくことができ早期発見につながります。
 自己検診の仕方を学びましょう。

22:23 | 詳細を見る

食塩の摂取量

 日本人は食塩を摂りすぎる傾向にあります。1日の目標摂取量は健康な人で10g以下、高血圧気味の人なら8g以下です。調理法や食べ方などを工夫し、減塩に努めましょう。

21:59 | 詳細を見る

遠隔転移の症状と治療法

 乳がんが転移しやすい臓器として骨、肺、リンパ節、肝臓、脳などがあります。症状は転移した臓器によって異なりますし、症状がほとんどない場合もあります。
 治療法は転移した臓器、癌の性質、症状の一つ一つに対応して行われるためそれぞれ異なります。

21:11 | 詳細を見る

食べ過ぎを防ぐ

 食べ過ぎは、乳がん発症の原因の一つです。程よい速さでよく噛んで食べると、食べ過ぎを抑え肥満防止につながります。毎日の食習慣を見直し、食べ過ぎないように努めましょう。

15:44 | 詳細を見る

ホルモン療法

 女性ホルモンの一種であるエストロゲンが、癌細胞にあるエストロゲンレセプターと結合して癌細胞の分裂・増殖を促進させています。この結合を阻止し、働きを抑えるのがホルモン療法です。
 ホルモン療法は更年期障害の症状に似た副作用があります。

15:20 | 詳細を見る

入院の手続き

 入院が決まったら入院の手続きと準備が必要です。医師や看護師の説明に従って入院の申し込みを行い、必要な物を揃えます。病室によって費用が異なりますので、入院費の支払い法などとともに事前に聞いておきましょう。

14:46 | 詳細を見る

早期発見、早期治療

 乳がんは、早期に発見し、早期に治療すれば治る病気です。積極的に定期検診を受け、早期発見に努めましょう。また病気が見つかったら、積極的に治療を受けましょう。
 自己検診も早期発見につながります。月に一度は行いましょう。

14:03 | 詳細を見る

性生活と妊娠

 手術後の性生活は身体上差し支えありません。ただし、手術後の治療中は胎児に影響を及ぼす可能性があるため、妊娠は避けるようにしましょう。治療を終えたら妊娠は可能です。

13:30 | 詳細を見る

ビタミンの摂取

 野菜や果物、海藻に含まれるビタミンは、がんを予防してくれます。ビタミンの中でもがん予防に効果があるのが、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEなどの抗酸化ビタミンです。
 毎日の食事で積極的に摂り、がんを予防しましょう。

13:10 | 詳細を見る

乳頭・乳輪の再建

 乳房再建後、数ヶ月経て再建した乳房が安定してから、乳頭・乳輪の再建を行います。乳輪・乳頭の再建にはさまざまな方法があります。基本的には自分の組織を移植して行います。
 再建法にもよりますが、外来の日帰り手術が可能です。

22:07 | 詳細を見る

乳がんと更年期

 乳がんの発症率は、更年期の50歳頃がピークです。閉経後は男性ホルモンが乳がんの原因のエストロゲンという女性ホルモンの一種に変換されます。よって肥満の女性はエストロゲンが作られやすいため、乳がん発症のリスクが高くなります。閉経後は太りやすい時期ですので、バランスのよい食事を心掛け肥満を防ぎましょう。

21:06 | 詳細を見る

広背筋皮弁法

 背中の皮膚と脂肪、背筋を血管をつないだまま、乳房を切除した場所に移植する手術法を広背筋皮弁法と言います。この手術法は血流が安定し、安全性も高いです。人工乳房を使いたくない人や出産の可能性を残したい人には適していますが、背中の筋肉は脂肪が少ないため大きな乳房の人には適していません。

11:27 | 詳細を見る

入院前の生活

 乳がんと診断されてから入院日までの期間は、なかなか気持ちの整理がつかず、気分もふさがりがちになります。治療の流れを理解し、気持ちにゆとりをもって臨むことが大切です。普段どおりの生活をし、入院に備えてコンディションを整えておきましょう。

11:10 | 詳細を見る

乳がんに似た病気

 乳がんと間違いやすい乳房や乳腺の疾患に、乳腺症、乳腺のう胞、乳腺炎、乳腺腺維腺腫、乳腺葉状腫瘍があります。しこりや乳房痛など乳がんに似た症状が出ます。これらは良性疾患ですが、癌が隠れていることがあるので定期的な検査を受けましょう。

10:19 | 詳細を見る

乳房温存療法

 乳房温存療法とは、「乳房温存手術」でしこりを切除た後に、残った微小癌を「放射線治療」によって破壊する方法を言います。
 この乳房温存療法は患者さんの精神的ダメージを減らせるという利点がありますが、いくつか条件があり適応できない場合もあります。

09:51 | 詳細を見る

腹直筋皮弁法

 2本ある腹直筋の1本を、皮膚と脂肪を付けたまま乳房切除が行われた場所に移植する手術法を腹直筋皮弁法と言います。
 この方法は大胸筋を切除した人や、大きな乳房を再建する人に適しています。しかし、腹部に大きな傷が残ったり、出産の可能性がある人や出産を希望している人には適用できないなどの欠点があります。

09:25 | 詳細を見る

乳がんの病期分類

 乳がんの大きさや広がり具合、進行度を示すものを「病期」(ステージ)と言います。この病期の分類を「TNM分類」と言い、Tはしこりの大きさ、Nはリンパ節への転移の有無、Mは他臓器への転移の有無を表します。さらにこの分類は0期〜W期までの5段階に分類されます。

08:58 | 詳細を見る

セカンド・オピニオン

 診断や治療方針などに関する主治医以外の医師の意見をセカンド・オピニオンと言います。主治医の診断や説明に納得がいかない場合や別の選択肢がないか知りたい場合は、他の医師に意見を求めることもできます。
 セカンド・オピニオンを求める場合は、主治医に紹介状を書いてもらいましょう。

22:44 | 詳細を見る

術後補助療法

 乳がんは、手術で癌を完全に切除したと考えられる場合でも、全身に残っている可能性があります。そのため、術後補助療法により全身の治療を行います。術後補助療法には、抗がん剤を用いた化学療法とホルモン療法、放射線療法があります。治療法は患者さんの年齢や癌の性質、進行度合いに応じて選ばれます。

22:09 | 詳細を見る

多剤併用療法

 乳がんの治療では、抗がん剤の作用を高めるために、作用の異なる何種類かの抗がん剤を組み合わせて投与する「多剤併用療法」が行われます。
 この療法を行うと副作用が分散されるため症状が緩和されます。さらに効果も単独で使用した場合より期待できます。

16:11 | 詳細を見る

手術後のリハビリテーション

 手術後は体調や手術あとの回復の度合いを見ながら、腕や肩を中心に少しずつリハビリを行います。リハビリの初めは動かすのが痛かったりしますが、元の生活ペースに近づけるように、積極的に行いましょう。積極的なリハビリが回復を早めます。

14:09 | 詳細を見る

乳がん発症者数

 毎年、日本において新たに乳がんにかかる人の数は約3万5000人に上ります。年々増加しており、乳がんは女性の癌患者数第1位です。
 乳がんは他の癌と比べると治療後の経過が良い病気です。しかし、再発、転移のために亡くなる人が増えています。
 乳がんは女性にとってとても身近な病気で注意が必要です。

12:51 | 詳細を見る

リンパ節郭清

 リンパ節郭清とは、癌とその周辺を切除した後、わきの下のリンパ節を全て切除することを言います。乳がんが、わきの下に転移していることが多かったため、以前は全部切除していましたが、現在は乳がんの進行度により切除範囲が異なります。また、早期の乳がんの場合はリンパ節郭清を行わないこともあります。
 切除範囲が小さいほど患者さんのQOL(生活の質)が保たれるため、リンパ節郭清は最小限に止めたいものです。

18:20 | 詳細を見る

放射線療法の副作用

 乳がんの放射線療法による副作用は、主に皮膚炎で紫外線による日焼けのような状態になります。まれに肋骨骨折や放射線肺炎などの障害が出る人もいますが、ほとんどの場合症状は軽く大事に至ることはありません。

14:31 | 詳細を見る

告知の必要性

 ほとんどの場合、乳がんは本人に告知されます。なぜなら、病気と闘うのは患者さん自身であり、さらに医学の進歩により乳がんは回復の見込みが高くなったからです。
 「告知」は乳がんとの闘いの第一歩です。患者さんが自分の病気や治療について正しく理解し、納得して治療に専念することが大切です。

13:22 | 詳細を見る

生理食塩水バッグ

 乳房再建術の一つに「生理食塩水バッグ」を挿入するだけの手術法があります。これは比較的簡単な手術法ですが、大胸筋が残っていて胸の皮膚が伸びやすい場合にしか適しません。
 以前はシリコン・ゲル・インプラントが用いられていましたが、安全性に問題があり、現在ではほとんど用いられていません。

13:04 | 詳細を見る

進行・再発乳がんの『全身療法』

 進行・再発乳がんには多様な治療法がありますが、治療方針の基準になるものはありません。なぜなら、再発した場合は患者さん一人ひとり進行度や再発部位、無病期間また前回の治療効果などが異なるため、一人ひとりの状態に合わせた治療法が行われるからです。
 さらに治療効果も多様です。

10:32 | 詳細を見る

再発の可能性

 乳がんの再発の可能性は生涯消えることはありません。実際に乳がんの手術を受けた人のうち、再発が認められた人は約30%に及びます。
 乳がんの再発は、手術後2〜3年までが最も多くその後徐々に少なくなっていきますが、稀に10年以降に再発する人もいます。
 少なくとも手術後10年は定期検査を怠りなく受けましょう。

23:17 | 詳細を見る

ホルモン療法の副作用

 ホルモン療法は化学療法と比較すると副作用は少ないと言えます。しかし、ホルモン環境がアンバランスになるため療法中は無月経になることがあります。また更年期障害のような症状も出やすくなります。
 一方、ホルモン療法にはコレステロール値を下げたり、骨粗しょう症の進行を遅らせたりする副次作用もあります。

21:54 | 詳細を見る

乳がんの発症年齢

 日本人女性の場合、30歳代から乳がんにかかる確率が増えていきます。その確率は、40歳代に入ると急増し、ピークは40歳代後半となります。50歳代〜60歳代にかけて、率は減少していきますが油断は禁物です。
 また、閉経前と閉経後では、かかる率にそれほど差はありません。

16:37 | 詳細を見る