Warning: file(http://cancer-df.net/sys/link/14) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /virtual/exm/public_html/nyu.oriaca.net/cat30/index.html on line 34

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/exm/public_html/nyu.oriaca.net/cat30/index.html on line 36

告知を受ける際の心の準備

 告知を受ける時は、なかなか平常心でいられるものではありません。しかし、病気と治療方針を十分に理解できるように医師の話はじっくり聞くようにしましょう。また、分からないことや疑問に思ったことは遠慮なく質問しましょう。事前に質問事項をメモしておくとよいでしょう。

22:22 | 詳細を見る

患者が治療法を選ぶ時代

 癌と診断されたら、もう一つ大きな病院で診てもらう事が大切です。病院によって治療法も異なり、またどの医師にかかるかで生死が分かれます。
 医療機関、医師選びは慎重に行いましょう。

13:50 | 詳細を見る

主治医、医療施設選び

 患者さんにとって、良い医師に出会えた場合と、出会えなかった場合では大きな差があり、主治医・医療施設選びはとても重要です。納得のいく医療を受けるために主治医・医療施設選びはきちんと行いましょう。

19:45 | 詳細を見る

病期別治療方針

 乳がんの病期(ステージ)は0〜W期までの5段階に分類され、病期によって治療方針は異なります。手術療法、抗がん剤を用いた化学療法、ホルモン療法、放射線療法が標準的な治療法で、病期の段階に応じて適切な治療が行われます。

08:18 | 詳細を見る

乳がんの病期分類

 乳がんの大きさや広がり具合、進行度を示すものを「病期」(ステージ)と言います。この病期の分類を「TNM分類」と言い、Tはしこりの大きさ、Nはリンパ節への転移の有無、Mは他臓器への転移の有無を表します。さらにこの分類は0期〜W期までの5段階に分類されます。

08:58 | 詳細を見る

セカンド・オピニオン

 診断や治療方針などに関する主治医以外の医師の意見をセカンド・オピニオンと言います。主治医の診断や説明に納得がいかない場合や別の選択肢がないか知りたい場合は、他の医師に意見を求めることもできます。
 セカンド・オピニオンを求める場合は、主治医に紹介状を書いてもらいましょう。

22:44 | 詳細を見る

告知の必要性

 ほとんどの場合、乳がんは本人に告知されます。なぜなら、病気と闘うのは患者さん自身であり、さらに医学の進歩により乳がんは回復の見込みが高くなったからです。
 「告知」は乳がんとの闘いの第一歩です。患者さんが自分の病気や治療について正しく理解し、納得して治療に専念することが大切です。

13:22 | 詳細を見る


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/link/14) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /virtual/exm/public_html/nyu.oriaca.net/cat30/index.html on line 179

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/exm/public_html/nyu.oriaca.net/cat30/index.html on line 181

[閉じる]
【治験・モニター募集しています】
治験とは、新薬の候補を国から認可してもらうための
臨床試験のことを言います。
治験のメリットとして、「専門医師の詳細な診療が受けられること」
「新しい治療を受けることができること」が挙げられます。
当然参加は無料で、交通費などの援助(謝礼)もあります。
詳細は【治験.net】にてご確認下さい。
【登録無料】
治験情報申し込みフォーム
メールアドレス
性別
年齢
居住地域
喫煙
飲酒
身長
体重
メッセージを閉じる